Integration

ビジネスシステムインテグレーション

Service

サービスについて

ビジネスをとりまく環境が加速度的にグローバル化・複雑化を迎える中で、それを支えるITに対する期待は大きな転換期を迎えています。 

社会変革の影響を受け続ける現代において、SoR(システム・オブ・レコード)に代表される基礎的なITから、
ビジネスのさらなるの発展のために必要となるSoE(システム・オブ・エンゲージメント)やSoI(システム・オブ・インサイト)
といった新しい枠組みまで、幅広く理解をしたうえで、総合的かつ継続的に
ビジネスモデルを改善しユーザー体験(UX)を向上していくことが求められています。 

ソシオネットのビジネスシステムインテグレーションは、Salesforce.comの導入・運営を通じて、最適なUXの実現に貢献します。 

Features

サービスの特徴

お客様のビジネスアイデアを短期間で実現するにあたり、ユーザーとのコミュニケーションに注力したシステム開発手法を導入しています。
リーンソフトウェア開発プロセスをベースに、イテレートとよばれる計画・設計からリリースまでの工程を
複数回実施することで、ビジネスシステムを利用されるお客様に最適なUXをご提供します。
また、お客様と一緒に開発プロジェクトを推進することで、デジタルトランスフォーメーションに必要となるITの内製化を推進します。

01

最適なUXの提供

複数回実施するイテレーションごとにステークホルダーからのフィードバックを取り込むため、長期計画で発生しがちな最終局面での要件漏れや、ユーザーによって使われないムダな機能の実装といった、ヌケモレ・ムダの排除が可能となっています。こうしてステークホルダーからのフィードバックで得られた知見に対して集中することが可能となっています。

02

リリースまでの期間短縮

リーンソフトウェア開発の手法を活用し、必要最低限の仕様を実装・リリースするため、システム開発にかかる期間を短縮することができます。

03

ITの内製推進

システム開発の企画からテストまで、一貫してお客様とのチームで活動するため、情報はオープンになっています。また、ノーコード/ローコード開発環境を選択することで、特にUXに影響を与えやすいユーザーインターフェースの改修をお客様自身で行うことが可能です。

Area

対応領域

01

CRMシステム構築(公共)

スポーツイベント向けのCRMシステム構築 Salesforce(SC + MC) + GCPを利用し、1000万人の会員を想定したインフラ基盤および各会員向けのレコメンド機能および、メールを利用したMAを構築。

02

CRMシステム構築(団体)

エンゲージメント管理システム構築 煩雑化していたお客様管理やエンゲージメント活動の見直しを実施。Salesforce(Sales Cloud)を利用し、ユーザーにて維持管理が可能なCRMシステムを構築・導入後の運用をサポート。

Flow

導入の流れ

STEP 01

コンサルティング

お客様のビジネス目標、システム化の対象、
リソース制約、運用モデルなどの確認を
行わせていただきます。

STEP 02

ご提案

コンサルティングにて確認した内容をもとに、
ご提案書を作成いたします。
このタイミングで採用する技術要素や
システム開発手法について決定いたします。

STEP 03

プロジェクト立ち上げ

プロジェクトの目標達成に最適なプロジェクト体制を
立ち上げます。

STEP 04

開発

短期間でのリリースを繰り返すことで
ユーザーのフィードバックを
最大限に取り込んだUX構築を行います。

STEP 05

運用支援

複数回の開発イテレーションの終了後、
リリースされたシステムの運用支援を実施します。

STEP 06

総合テスト

テスト方針、テスト計画、
テストケース作成およびテストを実施します。

Voice

導入事例

株式会社X様(広告代理店)

高難易度のサイト構築も最後までやりきる

大規模イベントの会員サイトの構築をするにあたり、会員管理と情報発信機能の開発をお願いしました。仕組み自体はいたってシンプルなのですが、ユーザーの規模、納期の短さ、ビジネスクリティカル度、ステークホルダーの多さなどから難易度は決して低くはなく、途中で匙をなげる会社も少なくありませんでした。
そんな中、ソシオネットのメンバーは、次々と出てくる課題にもくじけることなく、最後までプロジェクトのコアとして活躍し、無事サービス公開まで乗り切ることができました。

パートナーを
募集しています

ソシオネットとパートナーを組み、
フリーランスとしてご活躍いただける方を募集しています。

強い営業力と豊富な情報量で、
単なるリソース提供ではなく本当に必要とされているサービスの提案をいたします。

詳しくはこちら